09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2006-05-24 (Wed)
映画「ダ・ヴィンチ・コード」を見に行ってきました!
公式サイトはこちらからどうぞ。
てかSony Picturesってすごいね。日本語版サイトの下のInternationalってリンクに行ったら、全世界のサイトに行けるみたい。
イスラエル語版とかまであったよΣ(´ω`*)

感想は…「カトリックじゃないから宗教的なことは全く『???』だけど、ストーリーはすごい!」って感じでした。
推理小説好きな人は楽しめそう。
でも宗教的なことはほとんどの日本人には分かりにくいんじゃないかなぁって思った。
私は「イエスは神なのか人間なのか?」ってことで、どうして人殺しにまで発展するのかが全く理解できんかった。根本的に意味不明。
別にいいやんねぇ。人間でも。私は何も問題ないように感じる。

イエスが人間だってことに抵抗を感じるのは一神教ならではの感覚?
もしイエスが人間だったら、信じるものがなくなるから?
でもそれが原因で人を殺すっていう想像を、たとえ映画の中の世界だとしても、普通できる?
う~ん……難しい。

* * *
ここからはだいぶ余談ですが。
私、なんか映画化される前から「ダ・ヴィンチ・コード」のことを知ってる気がしとったんです。原作本を読んだこともないのに。
その謎が、映画についてネットで調べてるうちに解けました。
去年の春ごろに「ビートたけしの歴史的大発見 名画モナ・リザはもう一枚あった!」と「超時空ミステリー!世紀の天才ダ・ヴィンチ 最大の謎と秘密の暗号~『ダ・ヴィンチ・コード』の真実に迫る!~」っていうテレビ番組を見たことがあったから知っとったみたい。
映画見るまですっかり記憶から飛んでっとった。
もしかして……痴呆??σ(´ x `;*)

2つ目に挙げた「超時空ミステリー!世紀の天才ダ・ヴィンチ 最大の謎と秘密の暗号~『ダ・ヴィンチ・コード』の真実に迫る!~」ってのは先週の土曜日に続編みたいなのを放送しよったよね。→天才ダ・ヴィンチ 最大の謎と秘密の暗号

ビートたけしの方は、ダ・ヴィンチ・コードじゃなくて、モナ・リザについてが主な内容で、「モナ・リザ」には実はマグダラのマリアが妊娠していた、っていうメッセージが隠されているっていうのと。あとルーヴル美術館にあるのとは別のモナ・リザが存在して、その映像も流しとったような。
かなり衝撃を受けた記憶がある。
うろ覚えやけん、もう1回見てみたいなぁ。

とにかく映画は面白かったです。かなり長くて疲れたけど。
スポンサーサイト
| 見たもの | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。